待つのも大事

シンプルな豆を煮るという行為。

簡単なようですが、これがなかなか難しい。

ガンガン火にかければいいってもんじゃない。

どちらかと言えばコトコトがいいけど、それも加減が結構難しい。

豆によって性格が違うから、その辺りはよく見極めて。

それから、ポイントは「蒸らし」だと思います。

ちょっと火を止めて放っておく。

これも、大事な調理時間。

なんでも勢いに任せたらいい訳じゃない。

火をかけっぱなしにするばかりいい訳じゃない。

時には、ちょっと落ち着いて待つってことも大事。

現代人は(私も含めて)、待つことがすごく苦手。

物や他人に対してだけじゃなく自分に対しても。

もう少し、待つ(蒸らす)ことを意識したらいいと思う。

伸びすぎたゴムが切れてしまうように、人も同じでいつも力を入れてばっかりじゃだめ。

時には休んだり待ったりする時間も必要。

そうすると、メリハリが生まれてくるし客観的に物事を見ることもできる。

勢いだけでやることには限界があるんだよね。

時には勢いも大事だけど、時には待つことも大事。

見極めながら行かないとだね。

 

そんなことを虎豆を煮ながら考えました。

さて、虎豆の甘煮のレシピをアップしました。

良かったら参考にしてください。

【虎豆の甘煮】

関連記事

  1. 知ってもらう展示

  2. ちょっとずるっ子?

  3. レシピ【ひじきとベーコンのペペロンチーノ】

  4. 新しい出会い

  5. ゴール!!

  6. 落とし物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。