福豆といえば

福豆の製作がほぼ終了しました。

たくさんの方に、たくさんの福が届くように願っています。

さて、この後は和ナッツの製造が大量に待っています。

ありがたいことです。

なるべく早く製作できるように頑張らねば。

 

節分の福豆ですが、豆を炒るのは、

「拾い忘れた豆から芽が出るとよくない」

「鬼を射る(炒る)にかけている」

などのいわれがあるそうです。

福豆は、年の数だけ食べるのが習わし。

でも、そんなに食べられない場合は代わりに「福茶」を飲む習慣もあります。

福茶とは、福豆をいれた縁起の良いお茶。

作り方は、昆布の佃煮か塩昆布、梅干し1個、豆まきに使った福豆を湯のみに入れて熱湯を注ぐだけ。

豆は吉数の3粒入れるそうです。

梅の花はおめでたい花、昆布は「よろこぶ」にかけているんだとか。

豆がお湯でやわらかくなり、香ばしくやさしい味のお茶です。

昨年も紹介したら好評でした。

胃が弱い方は、年齢の数を食べるのは大変なので代わりにぜひ、福茶に挑戦してみてはいかがですか?

 

 

******************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. 整理しよう

  2. 春のデザート

  3. 連休いただいてます

  4. おかげさまで

  5. アーケードで楽しくDIYしませんか?

  6. 美味しい原木まいたけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。