終戦記念日の思い出

こんばんは。

蒲原屋三代目、かんぶつマエストロのしんやことみです。

今日は、終戦記念日ですね。

私の叔父にあたる人は戦争で亡くなっています。

正確には、出兵先で病に倒れたらしいです。

だから、母は何かにつけて戦争の話をしていました。

そして、戦争をしてはダメだと。

すいとんを作るたびに「戦時中はこんなに具は入っていないんだからね!」と何度も言っていました。

私は子どもの頃から、なぜかすいとんが好きだったから「具がなくても美味しいから平気」なんて思っていたけれど、

母が本当に伝えたかったのは、「今がいかに恵まれている状態なのだ。」ということだったんでしょう。

そして、農家の娘だった母は、

「家族が病気だから卵を譲って欲しいと街の人がよくやってきた。うちには鶏がいたからね。」

「いくらお金があっても食べ物がないと生きていけない。うちは百姓だから食べる物には困らなかった。」

そんなことをなぜか繰り返して言っていました。

それ以外にも、お風呂のお湯は流さず溜めて寝る。

着替えは枕元に置いて寝る。

いつも不思議でしたが、今考えたら戦時中の名残だったのかもしれません。

それほど幼い母の中に色濃く残った戦争の記憶。

だからなのか、わたしは戦争がやっぱり嫌いです。

何かあったら戦えばいいと言う人もいます。

でも、母の色々な話をきいていただけにどうしてもそうは思えない。

あー、教育て勉強だけではないんだな。

しみじみ思います。

そして、食にこだわっている自分はやっぱり母の娘だと思うのです。

今日は、終戦記念日。

お盆よりも、わたしには身近な一日かもしれません。

やっぱり、こんな日はすいとんですね。

店にすいとん粉で、すいとんを作りました。

すいとんは、本来地粉で作るものです。

しかし、このすいとん粉は、少しもっちりが強くなるように粉をブレンドしています。

昔食べたすいとんよりは格段にもっちりして美味しい。

最近は、もっぱらこのすいとん粉で作ります。

もっちり具合が絶妙で、あとからあとからすいとんを食べたくなる。

ご飯が足りない時などに、すいとんを作れば美味しくて温まっておなかの足しにもなる。

一石二鳥!

そして、このすいとん粉はお汁粉にも合うんです。

おもちがない時でも、このすいとん粉に水を足してスプーンですくって落として煮るだけ。

本当に美味しくて便利。

あぁ、母にも食べさせてあげたかったな。

でも、「あんたのすいとんは贅沢ねー。」と言われそう。

終戦記念日は、母を思い出しながら平和への祈りを捧げます。

ちなみに、今日のすいとんは店の冷蔵庫にあったあまり野菜のみ。

それでも美味しかったです。

すいとんのパワー恐るべし。

みなさんにとって乾物が身近にありますように。

***************************************************************

料理を作るあなたを応援します!

乾物は使い方が難しいと思っていませんか?

乾物は使い方次第では時短で美味しい料理が手軽に作れます。

さらに「健康」にもいいんです!

LINE登録していただくと、

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・みんなで楽しく学べる乾物料理教室のご案内

・蒲原屋で買い物をする時、得しちゃう裏技情報

をお届けします。

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録くださいね!

 

関連記事

  1. キャンセル出ました

  2. 誠実に

  3. 少しでも役に立ちたい

  4. 大切にしている5つの「こと」

  5. 素敵なお店

  6. 蒲原屋物語

    六花亭と蒲原屋の共通点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。