私たちはホルモンに支配されている

こんばんは。

蒲原屋三代目、かんぶつマエストロのしんやことみです。

最近、体調の上下が激しい。

前から聞いてはいたけれど、更年期(メノポーズ)に突入してみて分かったのが、

「私たちは、ホルモンに支配されている」

という事。

今までは、あまり意識しなかった「ホルモン」が日々の体調にこんなに影響するとは・・・。

体調だけでないです。

心の調子にも、かなり影響する

思春期って自分で自分を持て余していて苦しかったけれど、それとはちょっと違うけど自分ではどうしようもなこの感じ。

ただ、無意識だけど「これ以上の無理はダメ!」という警告だけはわかる。

無理をしたら後戻りできなくなる、という危機感。

だから、かけたくないけれど自分にブレーキをかけることになっています。

この事が、私にとっては一番ストレス!

もう少しがんばりたい、そんな風に思っても元気が全くでなくて、しかも身体に鉛が入ったようになる。

だから、ブレーキをかけざる得ない。

でも、次の日には「アレ?全然大丈夫。」となる。

なんかその症状の上下が全く予測がたたない。

気と違って、なんとなく良くなる感覚とかではなく、日々全く違うので本当難しい。

更年期(メノポーズ)の期間が長くなってきたら慣れるものなのか?

それも、さっぱりわからず右往左往しています。

あー、人生の先輩が言っていた話を日々実感。

どうしたら、この上下が緩和されるのか?

これから色々と実験しながら観察していこうと思います。

とりあえず早期覚醒だけは、なんとならないかなぁ。

睡眠不足なのに、明け方目が覚める~。

それが続いて寝不足に。

そうすると、調子が悪くなる。

何か、超悪循環。

これからしばらく規則正しい生活を意識します。

PCもできるだけ21時くらいまでにします。

やはり、昔から言われている「早寝早起き・腹八分目・適度な運動」って大事ですね。

さて、そろそろ休もうかな。

こんな風にブログを書いたら「私も、結構大変!」ていう方から相談されました。

今とても辛い人、ぜひ情報交換しましょうね。

「周囲の人に理解されない」ってすごく辛い。

病気ではないといっても、鬱になったりする人もいますし。

理解してくれる相手がいるだけで救われることもありますから。

私たちはホルモンに支配されている、でもそれを楽しめるように工夫したいと思います。

みなさんにとって乾物が身近にありますように。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。