黒豆煮のワークショップ

こんばんは。

蒲原屋三代目、かんぶつマエストロのしんやことみです。

いよいよ今年も残り2か月を切ってしまいましたね。

そろそろ、おせちの事も考えてみませんか?

おせちの定番の黒豆煮。

でも、市販品しか食べていないと「本当のおいしいさ」はわかりません!

出来たてを食べると本当の美味しさを実感する体験ができちゃいます!

出来たての何とも言えない栗のようなほのかないい香り。

たまらんです~。

もうこっそり隠れて食べ過ぎて半分くらいになっちゃいそう!

出来たてを頬張ると本当に幸せな気持ちになります。

もちろん少し置いて味が染みた物は何ともいえない上品な和菓子のような美味しさ!

そのどちらも楽しむためには、自分で煮るしかありません。

今年こそ自分で作る黒豆でこの美味しさを味わってください。

おせちに加えて家族を驚かしてみませんか?

昨年のワークショップの参加者は家族から、

「お母さんの黒豆は他と違う!」

「ツヤツヤピカピカでプロみたい」

「また来年も作ってね!」

と言われておせちの定番になったそうです。

今年もすでに新豆の丹波の黒豆を予約してくれています。

ぜひあなたもおせちに我が家の味を加えてみませんか?

当日は残った煮汁の活用方法などもお伝えする予定です。

お申込みは、11/10(日)23:00からです!

お申込みはコチラです。

ワークショップ

今年こそは年末にコトコトと黒豆のいい香りを家中にさせてください!

みなさんにとって乾物が身近にありますように。

***************************************************************

料理を作るあなたを応援します!

乾物は使い方が難しいと思っていませんか?

乾物は使い方次第では時短で美味しい料理が手軽に作れます。

さらに「健康」にもいいんです!

LINE登録していただくと、

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信お料理のレシピ

・みんなで楽しく学べる乾物料理教室のご案内

・蒲原屋で買い物をする時、得しちゃう裏技情報

をお届けします。

 下のQRコード、またはLINEの友達追加のID検索@kanbarayaを検索してくださいね!

関連記事

  1. 最善をつくす

  2. 刺激が欲しい夏

  3. 勝ち虫で秋を感じる

  4. 食欲の秋にぴったりの料理

  5. 黒豆煮てみませんか?

  6. 仕組みの問題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。