家庭料理の神髄

先日の赤ちゃん連れのお客様が、ささげを購入してくれました。

お子さんのお食い初めの為に、お赤飯に初挑戦するとのこと。

コレってすごい事だと思うのです。

お食い初めは、生後100日を記念して行われるお祝い。

一生食べることに困らないようにとの願いをこめて赤ちゃんに食べ真似をさせる儀式です。

買ってくれば簡単だけれど、子どものために心を込めて作る。

今の時代、買えば簡単に済むのにその気持ちが素敵です。

これ以上の愛情ってないと思うのです。

誰が作っても写真では分からない。

なんだったら、子どもが覚えている訳でもない。

それなのに親ができる精一杯の方法で、願いをこめてお赤飯を作る。

これこそが、家庭料理の神髄です。

家族の幸せを願ったり、健康でいてほしいという思いで食事を作る。

まさに「祈り」だなぁ~。

そんなお客様に、簡単にできる炊きおこわのレシピをご紹介しました。

みなさまもぜひ活用ください。

小豆でも作れますが、割れてしまうのでお祝いにはぜひ「ささげ」を。

家庭で食べるから割れてもいいという方でも、「大納言小豆」なら大粒で美味しくできあ上がりますよ。

【お赤飯(炊きおこわ)】

******************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. とにかく暑い

  2. 小休止です。

  3. ギリギリです・・・

  4. 清水まちゼミ開催しました!

  5. レシピ【人参と柑橘のラペ アーモンドのせ】

  6. 11月料理教室の感想①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。