20年ぶり

明日(7/3)は、20年ぶりに新紙幣が発行となります。

私たちの手元に届くにはいつだろうな~。

なんとなく金額とか間違えてしまいそうでドキドキ。

そして、長い間お世話になった諭吉さんとのお別れが近づいています。

(諭吉は浮気者ですぐに出ていく、というネタでお世話になりました~)

しばらくは、栄一さんと諭吉さんと混在するでしょうね。

サヨナラ諭吉、ようこそ栄一。

1万円札の渋沢栄一は生涯において500もの企業設立などにかかわり、資本主義の父と呼ばれる方。

東京商工会議所の初代会頭だったことでも有名かと。

ちなみに、静岡にもゆかりがあるんですよね~。

そして、5千円札は津田梅子、千円は北里柴三郎。

柴三郎さんが一番厳つい雰囲気ですが、素晴らしい功績の方です。

破傷風を予防・治療する方法を開発した細菌学者。

ちなみに、梅子さんは津田塾大学を創業し、女性の地位向上と女子教育に尽力した教育家です。

新札は早く見たいけど、仕事柄新旧混在は少し面倒でもあります。

でも、やっぱり楽しみです。

野口英世さん、樋口一葉さん、福沢諭吉さん、長い間お世話になりました。

 

ちなみ、一足お先に見たい方は国立印刷局のホームページにいくと載っていますよ。

 

******************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. おみやプロジェクトの仲間

  2. スタッフのおかげ

  3. 2月の教室について

  4. 梅仕事2024②

  5. 小休止

  6. 危なかったわ〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。