申し訳ありません!

蒲原オリジナル商品「和ナッツ」は発売から5年間。

あっという間の5年でした。

その間、店頭価格は一切変えずにやってきました。

ですが、いよいよ今の価格の維持ができない状況となって参りました。

昨今の報道でもご存知かと思いますが、材料だけでなく燃料や包装資材の値上がりが激しくなっております。

すでにしばらく前から現行の価格は厳しかったのですが、なんとか踏ん張ってきました。

もともと品質にこだわっているので、安い商品ではありません。

せめてワンコインで買いやすく、そんな風に思って耐えていましたが、さすがにもう限界です。

売れば売るほど店が大変になってしまうような状況になってきました。

価格をあげたら売れなくなってしまうかも?という不安はすごくあります。

それならば中身の素材を落とせば販売価格は維持できるかもしれません。

でも、そんな事をしたらせっかく「素材の美味しさ」に魅力を感じていたお客様を裏切ってしまいます。

私自身が買い物をしていて、値段は変わっていないけれど品質低下した物が多いことにショックを受けることが増えました。

今まで購入していていたから買ってみたら、期待していた内容と味が全然違う。

そんなことが続くと、買う事を辞めたくなってしまいます。

あと、私は嘘が付けないので品質を落として知らん顔でそのまま売るのはとても苦しい。

素材の品質を落とすことはもうひとつの問題があります。

いい素材を作っている人や販売している人がいなくなってしまう、ということです。

良い素材を作っている人が正当に利益を上げれないとどんどん良い物がなくなってします。

その行きつく先は「作る事をやめる」につながっていきます。

蒲原屋としては良い物をお客様に使えていき、次世代へ乾物という文化を残したい。

そんな風に思っているので、品質を下げる事はできないのです。

また、仕入れ先を叩いて値下げするという事も絶対したくありません!

世の中が落ち着いてきたとはいえ、ここ数年は商売している人や作っている人は本当に大変な時期でした。

やっと落ち着いてきたかな、というこの時期に仕入先に無茶は言って泣かすようなことはできません。

そんなわけで苦渋の決断で、値上げをさせていただく事にしました。

中身を減らして価格を抑える方法も考えました。

でもそれでは、少量に高額の包装資材がかかってしまいます。

和ナッツは、品実保持のために包装資材にコストをかけています。

それは、「品質」と「味」にこだわっているから。

そこは変えられないからと中身を減らしてしまうのは、結果的にゴミが増えて全然エコじゃない。

そんなわけで中身の量はそのままで、価格だけ税抜き価格100円アップさせていただき600円となります。

しばらくは消費税分は特別サービスで、店頭価格600円で販売させていただきます。

小魚入りも同時に値上げさせていただき570円(税抜き)→650円(税抜き)とさせていただきます。

価格を上げさせていただく事で、蒲原屋だけでなく「仕入先」と「乾物の食文化」を次世代に残していけるように努力していきます。

これからももっともっといい商品づくりをしていきますので、どうぞご理解をお願いいたします。

引き続き和ナッツともども蒲原屋をよろしくお願いいたします。

 

追伸
LINE会員にご登録いただければセールやキャンペーンなどもありますので、ぜひご登録いただければ幸いです。

というか店頭で和ナッツを購入する方は早急に登録することをおすすめします。

******************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. イベント出店します

  2. ネット断ち

  3. 明日までお得!

  4. 気持ちを贈る

  5. 伝えたいこと

  6. オンラインショップのお客様は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。