水無月を食す

今日は6月30日、「夏越の払い」です。

一年の折り返しに無病息災を祈願しながら大きな茅の輪(ちのわ)をくぐったり、身に付いた穢(けが)れを移した人形(ひとがた)を水に流したりします。

この日は、白いういろうの上に、魔除けの意味を表す小豆をのせて蒸し上げた「水無月」というお菓子を食べるのがならわし。

三角に切っているのは、氷室から切り出した氷をイメージしているそうです。

関西の風習らしく、この辺りではあまり販売されていません。

そこで、自家製をして食べよう!という事で作りました。

ついでに、ご近所にもお裾分け。

みんなで仲良く、魔除けです。

こちらは先日の料理教室でもお伝えしたのですが、予想以上に好評でした。

食通さんのすいとん粉を使えば、レンジで簡単にササッとつくれます。

レシピもございますので、お買い上げの際に店頭でお声かけください。

 

 

******************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. 静岡おみや首都圏商談会

  2. 切干大根入荷!

  3. 豆を煮たい人が急増中

  4. 黒豆旋風?!

  5. これなら自慢できる?!

  6. 季節の手づくり部

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。