脱プラ?

環境を考えると出来るだけプラスティックを使わない方がいいと思っている。

だから、物を選ぶ際は出来るだけ長持ちしやすい物を選んでいるつもり。

最近、長持ちしている物の良さを再発見しました。

少し前に片付けをしていたら、私が保育園時代に使っていた弁当箱を発見。

40年以上経つのに、全然使える状態でした。

かと言って弁当箱として使うのも難しいなぁ…。

何か入れておくのに使えばいいと思い、何を入れるか模索して

結局、中に裁縫道具を入れてみました。

ちょっとほつれた部分を縫ったり、ボタン付けをする時に使う最小限の裁縫道具にはピッタリなサイズ。

嬉しくなりました。

長く使える素材なら、新しい役割を与えられる。

買わなくていいし、なんだか母のお弁当を思い出せるしいい感じ!

長持ちする物には、素敵な思い出がプラスされるんだね。

私は、脱プラ!と声高に叫ぶより、今ある物を大切に過ごす方が性に合うみたい。

私の環境配慮は、店を承継したのと同じで「今ある物を大切にする」ということかもしれない。

思い出も消えなくて、いい選択をしたと自画自賛。

こんな小さな幸せが大切だと思うのです。

*********************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. 美味しい新米ゲット!

  2. キャパオーバー中

  3. ただいま準備中

  4. 和ナッツ、大人空間に馴染む?!

  5. 「しない」と決める

  6. 美味しい教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。