うれしい話

2年近く前にサポステから就労体験に来てくれた青年が、買い物に来てくれました。

食関連に興味があって、蒲原屋で就労体験に選んだ彼。

今は、無事にスーパーの惣菜売場に就職していると話してくれました。

「スピードが必要で大変です。」と言いつつもしっかり頑張っている姿に嬉しくなりました。

今は、サポステでボランティアもしているそうです。

先日、就職した青年からはメールが届きました。

頑張っている様子が伝わる内容でした。

こうした若者の成長を見ると嬉しくなります。

まだまだ、やりたいことがある。

頑張って店を続けて行こう。

うん。

店は自分の物じゃなく、社会の物なんだな。

 

さて、昨日は車麩とかぶを煮ました。

かぶの甘さを車麩が吸ってすごく美味しかった。

乾物って奥深いなぁ。

 

*************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. レシピ【打ち豆の酒かす入り白あえ】

  2. 旬を楽しむ

  3. おせちの準備中

  4. お待たせしました!

  5. 街中ブラブラ

  6. 期待以上に楽しませる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。