小さなコツ

次回掲載される静岡新聞のレシピに、「えごま」を使う事に。

「えごま」は葉っぱが有名ですが、今回は実を干した物を使います。

日本では昔から実を食べてき文化があります。

炒って擦ってから、砂糖や醤油と合わせて青い菜っぱや、お餅などに合わせることが多いです。

でめ、今回は砂糖を使わないさっぱりレシピ。

このレシピには「えごま」の実の炒る時に大事なコツかあります、!

そのまま炒るのではなく、水洗いしてからしてから炒る。

そうすると、表面が焦げないのに中までしっかり日が通ります。

とは言っても、オメガ3の油を摂取するのであれば炒りすぎない方がいい。

だから、炒っていてサラサラしてきたらOKです。

「えごま」を炒る際はこのコツを忘れないでくださいね。

*************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. 何がいいかな

  2. モヤモヤ中

  3. おやつえんさんでおやつを買う

  4. 食で復活!

  5. こだわっています

  6. レシピ【ひたし豆の梅ごはん】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。