乾物専門店のこだわり

こんばんは。

蒲原屋三代目、かんぶつマエストロのしんやことみです。

先日お客様と話をしている際に、「この豆は手選別の豆なんですよ。」とお話をしたら

「もっとちゃんと伝えなくちゃダメじゃない!」

と言われました。

確かに、豆に関してのこだわりとして、

 ◆等級のいい豆を仕入れる

 ◆温度管理をきちんとする

 ◆できるだけ手選別の豆を選ぶ

この3つに重点を置いています。

(ほかにもいろいろありますが、特に重要なのはこの3つ。)

私は、お客様に美味しいと思ってもらえればそれいいと思っていました。

でもね、伝えなかったらお客様がなんで美味しいのか知らないまま。

目に見えない違いは分からないままですよね。

だからこそきちんと伝えていかないとお客様に不誠実なってしまいます。

世の中のほんどの豆は、機械で選別をしたら袋詰めして出荷されます。

(さらに個人の作ったものなどは選別がないから煮えにくい豆がたくさん入っていることが多いです。)

今は機械もよくなっているのですが、さらにその後熟練の手で選別している豆は本当にいい状態です。

とにかく、煮えにくいなどの豆が少ない。

熟練の技で、ダメな豆はとことんはじいていく。

(長くやっている方がすごく早いとか。)

だから美味しくて早く煮える!

ちなみに、北海道のお菓子の名店小豆や大豆などもこの問屋さんの豆を使っているそうです。

ますます、ファンになってしまいました。

(どこのお菓子の会社かはコッソリ聞いてください。)

だれかに煮豆を作ってあげた際は「ここの豆はね・・・」と話してあげてください。

きっと作ったあなたのこだわりが伝わるはずです!

これからも、専門店として安さよりも品質優先で本物にこだわり続けていこうと思います。

 

みなさんにとって乾物が身近にありますように。

***************************************************************

料理を作るあなたを応援します!

乾物は使い方が難しいと思っていませんか?

乾物は使い方次第では時短で美味しい料理が手軽に作れます。

さらに「健康」にもいいんです!

LINE登録していただくと、

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・みんなで楽しく学べる乾物料理教室のご案内

・蒲原屋で買い物をする時、得しちゃう裏技情報

をお届けします。

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録くださいね!

関連記事

  1. ちょっと存在感がうすい?

  2. ちょっとずるっ子?

  3. 香りが大事!

  4. 正月休み満喫中

  5. 好きなものは変わらない

  6. 積ん読を読んどく!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。