小豆がガッテンで!

こんばんは。

蒲原屋三代目、かんぶつマエストロのしんやことみです。

今日、NHKのガッテンで小豆が紹介されました。

内容をまとめると・・・

小豆が便秘改善や筋肉量アップにつながるパワーを持っていることがわかった。

小豆には「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」が豊富に含まれている。

レジスタントスターチは食べても消化吸収されず、便の量を増やして腸のぜんどう運動を活発にしてくれる。

また、腸内細菌のエサになったり、便に水分を与えて出しやすくしたりといった働きもあります。

塩小豆で食べるのが便秘にはおすすめ。

ちなみに、16時間冷蔵庫で吸水してからゆでると茹で時間が短くなる。

今の小豆はアクも少ないので、あく抜きは必要ない。

ゆで汁も砂糖を入れて冷やせばプルプルになって、美味しいデザートに。

がおおまかな内容でした。

こうして小豆を紹介してもらえてうれしかったです。

ただ豆専門店としては、気になった部分も・・・。

「16時間吸水すると、30分くらいであんこになるから簡単。そのまま茹でたら2時間かかる。」

この辺りは、微妙だと思いました。

16時間給水するのかぁ、大豆ですら給水は8時間。

そう考えると16時間はかなり長い吸水時間です。

食べたいと思ってから完成までに、結局1日近くかかるのは、早いのかな・・・??

前もって計画立てれる人向けですね~。

すぐに煮る方法も、火を強めにしたり、蒸らしを上手に活用すれば2時間もかからないです。

2時間よりは少し早くできるので、すぐ食べたいときは給水じゃない方法もアリかと。

あと、時間のたった豆はアクが強くなる傾向にあります。

なので、アク抜きに関しては豆の状況によって変わりるような気がします。

でも、塩小豆とか紹介してくれて「甘くない、体にいい小豆の食べ方」が周知されてよかったです!

豆専門としては一言付け加えさせていただきましたが、小豆の良さが知られたことはありがたい。

きっと、小豆たちも喜んでるだろうなぁ。

東洋医学でも、小豆は女性にすごく良い食べ物とされています。

ぜひ、少量を常食してくださいね~。

みなさんにとって乾物が身近にありますように。

***************************************************************

料理を作るあなたを応援します!

乾物は使い方が難しいと思っていませんか?

乾物は使い方次第では時短で美味しい料理が手軽に作れます。

さらに「健康」にもいいんです!

LINE登録していただくと、

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信お料理のレシピ

・みんなで楽しく学べる乾物料理教室のご案内

・蒲原屋で買い物をする時、得しちゃう裏技情報

をお届けします。

下のQRコード、またはLINEの友達追加のID検索@kanbarayaを検索してくださいね!

関連記事

  1. レシピ【人参と柑橘のラペ アーモンドのせ】

  2. 危なかったわ〜

  3. 小豆の話

  4. 「手軽」と「時短」

  5. 地球温暖化の影響?

  6. 連休で食べ過ぎた方には・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。