器を育てる

先日、益子陶器市に行ったSさんからお皿をいただきました。

自分では買わないサイズだけど、使いやすそう。

自分で選ぶのはどうしても似たようなサイズやデザインになりがち。

人が選んだ物ってすごく新鮮!

でも、すごく好きな感じで嬉しかったな。

こうして贈り物をいただくと嬉しいですね。

幸せだな。

何を盛ろうかワクワク悩み中。

でも、とりあえず目止めしなくちゃ。

目止めとは、米の研ぎ汁などで器を煮沸させて自然に冷ます。

そうすると、澱粉が器の小さな穴に入ってシミができにくくなります。

ちょっと面倒ですが、長い間風合いを保つためには目止めをおすすめします。

そんな手間も器を育てるための幸せな時間です。

やっぱり陶器すきだなー。

磁器もいいけど、陶器もいい。

器好きはなかなかなおらないな。

******************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. 本年最初の教室

  2. 乾物屋だけど

  3. 静岡新聞レシピ掲載!

  4. ネコポスで

  5. 「一生使える黒豆の作り方」教室について

  6. 人の振り見て我が振り直せ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。