お互いを大切する

毎回購入している「くらしのおへそ」という雑誌。

今回その中に、「家族のケア」という内容がありました。

高齢の親の介護などの内容で、色々な選択をした人が紹介されていました。

近くに住む、同居する、離れている両親に食事を送る、施設に預ける、など。

最近、私の周囲やお客様にも、高齢者の介護が始まっている人が増えました。

その時に、当事者じゃない人から意見を言われて苦しくなる人が多いです。

理想と現実って違うし、普段世話をしていない人から見たら高齢者がちゃんとしているように見えたり。

現実とギャップがあるから、理想を言われると「ムムム」ってなったり。

本当に大変なのよね。

これは経験者にしか分からないのかもしれない。

(もちろん分かってくれる人もいると思いますが)

でも、家族によって色々な形があっていい。

罪悪感をもたなくていいんだという気持ちになれるいい内容でした。

大切なのは、介護される側だけでなく介護する側も自分を大切にしながらケアをする。

お互いの距離感はすごく大切。

ぜひ、読んで欲しいと思い浮かぶ人が何人かいました。

ちょっと、介護に不安を感じている人におすすめです。

*****************************************************************************

蒲原屋は1946年創業の乾物専門店。

食を通して、あなたの健康的な生活を応援します。

「良い商品を正当な価格で販売すること」

「作り手とお客様を結ぶこと」

「料理の楽しさを伝えること」

「環境を大切にすること」

「みんなの健康を応援すること」

この5つの「こと」を軸に、日々営業をしています。

蒲原屋のLINEに登録していただくと、下記の最新情報を知っていただけます。

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信

・楽しく学べる乾物料理教室やワークショップのご案内

・お得情報や新商品の情報

・イベントや軒下販売会のお知らせ

下のQRコードから、または https://lin.ee/ia5vmCo をご登録ください。

関連記事

  1. 世界で7億人

  2. 変えてみました^ – ^

  3. 切干大根入荷!

  4. 髪にいい?!

  5. 休日のランチ

  6. 人のご縁は少しずつ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。