こだわっています

こんばんは。

蒲原屋三代目、かんぶつマエストロのしんやことみです。

なんとなく気づいている方もいるとは思いますが・・・

私、かなりこだわりが強いです。

ここからは、ちょっと長い話になるので興味のない方はスルーしてください。

私の、こだわりの話なので。

私は、食品はシンプルな材料がいいと思っています。

正しい、とかではなく私がそのことを大事にしているのです。

例えば、蒲原屋では、だしパックや粉末のだしなどの簡易だしは扱っていません。

だしの素材である、煮干し・かつおぶしや昆布しか置いてありません。

(先代の時からの業務用の粉末だしはありますが、一般向けにはないです。)

理由は、安心できる美味しい簡易だしがないから。

逆に言えば、それが叶う簡易だしがあれば販売したい。

お客様からのニーズもすごく多いので。

でも、私が売りたくなる簡易だしが見つからない。

無添加とうたっている簡易だしでも裏表示に、

たんぱく質加水分解物

でん粉分解物

酵母エキス

煮干しエキスパウダー

などと書いてあります。

なんだかよく分からない物ばっかり。

実は材料が天然の物であれば、いろいろな加工をしてあっても

無添加

と書けるのが現状なのです。

私としては????です。

なんだ、それ?よくわかんないじゃん。

なんか、不自然。

無添加でも不自然は嫌なのです。

あ、これは私の意見ですよ。

決して正しいとか間違いとかじゃなくて、なんだかよくわから物を私は扱いたくない。

だから、裏表示を見て「普段だしを取る時に使わない物」は簡易だしなどにも入っていてほしくないなぁ~。

私はそう思っています。

(何度も言いますが、あくまで私のこだわりですよ。)

これはだしだけでなく、他の食品にも言えるのですが・・・。

とりあえずだしの話に戻ります。

無添加のだしパックに、「塩」や「粉末醤油」が入っているものも多くあります。

これから味を付けるものには、いらないはずの物です。

なのになぜこれが含まれているのか?

それには理由があるわけです。

塩や醤油が入っていると「このだし美味しい!」って感じるのです。

どうしても、だしオンリーだとやさしい味わいになってしまいます。

それはそうですよね。

そのあと塩や醤油や味噌で味を付けるから。

塩分を加えるとだしのうまみをより強く感じるのですから、美味しいと感じるに決まっています。

だから、普通にだしを試飲しただけですごく美味しいです。

不思議だと思いませんか???

だしに味を付けたら、それはもうスープじゃん!!

塩気を入れて「だし」ってなんだか理由がわかんない!

そんな風に、裏表示を見てブツブツ言っている変人なのです。

自然素材だけで作っているものもありますが、「美味しい」と感じるものに出会えませんでした。

そんな訳で、今まで簡易だしを扱ってこなかったのです。

それが、とうとう見つけちゃいました。
こだわりが強すぎる私が「コレは!!」というものを見つけたのです!!!
長くなってしまったので、今日はこの辺で。

続きは明日・・・( *´艸`)

夢がかなった!

 

 

みなさんにとって乾物が身近にありますように。

***************************************************************

料理を作るあなたを応援します!

乾物は使い方が難しいと思っていませんか?

乾物は使い方次第では時短で美味しい料理が手軽に作れます。

さらに「健康」にもいいんです!

LINE登録していただくと、

・乾物を使った「かんたん料理」レシピの無料配信お料理のレシピ

・みんなで楽しく学べる乾物料理教室のご案内

・蒲原屋で買い物をする時、得しちゃう裏技情報

をお届けします。

下のQRコード、またはLINEの友達追加のID検索@kanbarayaを検索してくださいね!

関連記事

  1. 雨の日は手仕事を。

  2. 2019年もありがとうございました!

  3. 2020年1月の教室について。

  4. 久しぶりの映画鑑賞

  5. ひよこ豆のポタージュが好き!

  6. レシピ【芋がらの胡麻酢和え】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。