鏡開きにお餅を食べるのは?

こんばんは。

蒲原屋三代目、かんぶつマエストロのしんやことみです。

今日は、鏡開きですね。(地域が違うと今日ではないのかも・・・)

鏡開きって、何で鏡?なんで開く?

不思議ですよね?

諸説あるようですが・・・

神事で神様が宿るといわれる鏡に模したお餅が鏡餅。

それを「切る」とか「割る」って言葉は縁起が悪いですよね?

そこで縁起がいい「開く」という言葉に代えて「鏡開き」。

それを松の内が過ぎたら、お雑煮やお汁粉にして無病息災を願って食べるならわしになったようです。

まぁ、細かいいわれはともかくとして蒲原屋でも鏡開きの餅でお汁粉を作りました。

ふふふ、しかも丹波大納言小豆です!

まだ残っているので明日早い時間にご来店いただければサービスでお出しできます!

丹波大納言を食べたい方はお早めに~。

こんな、日々の行事も少しずつみなさんに伝えていけたらいいなぁと思います。

料理教室の空きが少なくなってきましたのでお申込みはお早目に~。

http://kanbaraya.net/yoyaku

みなさまにとって乾物が身近にありますように。

 

LINE@はじめました。

良かったら友達登録お願いします。 

 

関連記事

  1. 黒豆煮のワークショップ

  2. つながりの面白さ!

  3. 潜入調査!

  4. 百円玉に思う

  5. ちょこっと変化中

  6. 悩めるお年頃

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。