私の願い

こんにちは。

蒲原屋三代目のしんやことみです。

今日は定休日でしたが、少し仕事があって店にいきました。

商店街は大半の店は水曜日が定休日!

商店街はガランとしていましたが、犬の散歩をしている人が数人いました。

雨に濡れないから雨の日は散歩している人が多いなぁ、とぼんやりしていました。

ふと、向かいの居酒屋さんのシャッターの前にお散歩の犬さんが立ち止まるのを発見。

Σ(゚д゚lll)オーマイガー!!

犬さんは足をあげてシャーッと勢いよくオシッコをし始めました。

飼い主さんが止める様子は全くありません。

でもね、シャッターとはいえ店の出入り口。

致命的な場所ですよ(´;Д;`)

勇気を振り絞り

「オシッコさせないで下さい。」

と気弱に叫びました。

その飼い主のおじさんは聞こえたようで軽くうなづきました。

でも、悪びれなくオシッコをさせたまま振り返る事なく去っていきました。

どうしたらよかったんだろう。。。

(´;ω;`)

商店街のアーケード内は、ペットの散歩させる方が年々増えています。

特に雨の日は多い。

もちろんお散歩をする事自体は全く問題ありません。

ただ、一部の心無い飼い主さんのペット(だと思う。人じゃないよね。)の糞尿の放置に悩まされている事が年々増えています。

特に大きな問題として、アーケードの支柱が犬のオシッコのせいで錆びてきてしまっている事。

これはアーケード本体の寿命を縮ませていて、商店街にとって死活問題です。

蒲原屋では店の前に出した食品の展示台にオシッコをかけられた事が何度もあります。

また、出勤して店を開けようとしたら、出入り口にオシッコをかけられてたり、店の前に糞がしてあったり。

朝から凹みます_| ̄|○

ものすごく悲しい。

道路とはいえ店の前は玄関みたいな場所だからこそ、毎日一生懸命掃除してます。

時には水拭きしたり。

そこがペットのトイレのように扱かわれてしまって本当に悲しい。

そして、今日のようにオシッコさせないで。とお願いしたとしても無視される。

私の願いがおかしいのでしょうか。

どんな方法でお願いをしたら聞いてもらえるのでしょうか。

本当に悲しいです。

お客様が気持ち良くお買い物にきていただきたいからこそ、強く願っています。

何かいい方法があったら教えて下さい。

 

みなさまにとって乾物が身近にありますように!

関連記事

  1. 育ててもらう

  2. 浜松からのお客様

  3. 2018年8月3日やさしい乾物料理教室

  4. 夏の風物詩

  5. 悩めるお年頃

  6. 乾物と天然だしですこやか食生活

コメント

    • aki
    • 2018年 4月 26日

    心中お察し申し上げます。悲しい現実ですが、何とか解決したいですね。
    しんやさんのように悩まれている店主さんや商店街は数多くあると思います。商店街は市民の生活に大きく関わり、地域のコミュニティとしてなくてはならないライフラインです。そこでその市民に利益があるのですから、市民の義務もあると思います!静岡市は分かりませんが、浜松市にはこのようなものがあるみたいですね。ペットの不始末は、商店街だけの問題ではないです。やはり市(静岡市)のバックアップを得て、歩きたばこ禁止のように条例化されるべき事案だと思います。それが建物や什器への被害となれば立派な犯罪です。こんな当たり前のことを条例化しなければならない世の中に悲しい思いはありますが、ひとりだけ・1か所(清水)だけではなく、他の商店街と一緒に連携しながら取り組めたら素晴らしいですね。いつもブログ読んでいます。頑張ってください☆

    http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/sangyoshinko/shinko/commerce/shoutengai/documents/jourei.pdf

      • しんや ことみ
      • 2018年 5月 07日

      akiさん

      コメントありがとうございます。すごく参考になる情報に感謝です。
      自分だけの問題ではなくみんなの問題として捉えて対応していきたいと思います。
      子どもたちが安心して歩ける商店街を目指します☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。