あの日

2011.3.11

東日本大震災が起きたとき私は前の職場で仕事中でした。

強くはないけれど大きな大きな揺れに一瞬、地震とは気づかなかったです。

同僚がトイレから戻り

「今地震あった??めまいになったのかと思ったよ!」

というのを聞いて笑っていました。

その時は東北で何があったのか全くわかっていなかったのです。

時間が経つにつれて報道される衝撃的なニュース。

それを見てもなかなか現実とは思えませんでした。

あれから7年。

私は、縁もゆかりもなかった清水の蒲原屋で三代目として生きています。

ひとつ言える事は、あの震災によって「生きる」とは何かを強く考えるようになった事。

 

子供のころから終戦記念日にすいとんを食べる習慣があります。

それと同じように今日もすいとんです。

具は置いてあった野菜と店でも扱っているすいとん粉。

ちょっと贅沢なすいとんになってしまいました。

 

今日も命にありがとう。

関連記事

  1. 丁寧に暮らしている暇はないけれど。

  2. 和ナッツチラシ

  3. 靴の修理の神様

  4. 清水七夕まつり3日目

  5. 愛される店づくり

  6. チャイ大人気!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。